厳選!年会費無料ETCカード

厳選!年会費無料ETCカード ホームへ お問い合せと相互リンクのご依頼


年会費無料ETCカード
 ☆人気ETCカード・ランキング>>
 セゾンインターナショナルカード
 ライフカード ETCカード
 JCB EIT(エイト) ETCカード
 JCBタイプセレクト ETCカード
 イオンコスモ石油 ETCカード
 新エネオスカード ETCカード
 出光カードまいどプラス
 三井石油M2カード ETCカード
 NTTグループカード ETCカード
 楽天カード ETCカード
 東急TOP&カード ETCカード
 ポケットP-oneFLEXY ETCカード
 ジャックスR-style ETCカード
 ツタヤTカードプラス ETCカード
 ファミマTカード ETCカード
 ネクスコ中日本 ETCカード
ETC割引とマイレージサービス
 ETC通勤割引
 ETC早朝夜間割引
 ETC深夜割引
 ETCマイレージサービス
お薦め関連サイト
 通販型自動車保険の薦め
 出光カード徹底ガイド&;比較
 ETCカードとガソリンカード比較
 マイル交換で選ぶガソリンカード
 パスモ(PASMO)クレジットカード
リンク集
 相互リンク依頼及びお問合わせ
 お役立ちリンク集(1) (2) (3)
 お役立ちリンク集(4) (5)
 
通販型自動車保険の薦め

最近、テレビやラジオのCMで通販型の自動車保険(ダイレクト販売自動車保険)を目にしたり耳にしたりすることが多くなりました。
これらのCMで、通販型の自動車保険の保険料の安さに興味を引かれている方も多いのでは。

実際に保険料を見積もりしてみれば分かるのですが、保険料が3割〜5割、大手の代理店型の自動車保険より安くなります。
ただ、誰しもが通販の自動車保険の方が安いというわけではなく、25歳以下の方、そして65歳以上の方は大手損保代理店型の自動車保険の方が安い可能性もあります。

それはなぜかと言いますと、通販型自動車保険は、保険料の算出方法にリスク細分型という方法を取っていて、統計的に事故を起こす可能性が低い人には保険料を安く、そうでない方は保険料が高くなる仕組みになっているからです。

25歳以下の若年層の方や65歳以上の方は、統計的に事故を起こす可能性が高いことから、通販型の自動車保険は高くなるようです。
また、スポーツタイプの車など、統計的に事故を起こす可能性が高い自動車へ乗っている方の保険料も高くなるようです。
これらのことに関しては、より詳しくこちらの『通販型自動車保険で損する人・得する人』をご覧になってみてください。

通販型の自動車保険には以下の会社があります。
●ソニー損保
●チューリッヒ保険
●イーデザイン損保
●アクサダイレクト保険
●三井ダイレクト保険
●SBI損保
●アメリカン・ダイレクト・ホーム

通販型の自動車保険に変えたいけれど、事故などのときの対応に不安を感じるという方もまだ多いようですが、大都市圏や地方の都市部だと、事故時などに対応する担当者のネットワークがほぼ行き届いています。
したがって、事故時などのときに代理店と同様に事故担当者が駆けつけるなどの体制がほぼ整っています。

通販型でも事故時も安心だという指標として、「オリコン自動車保険顧客満足度ランキング」において、大手損保を抑え通販型が上位を独占していることからもわかると思います。

以上のことから、大手損保の代理店がより通販型の自動車保険は、保険料が安いだけでなく、事故対応などトラブル時においても、安心できると自動車保険ですので、保険料の節約をしたいと思う方は一度見積もりをして比較してみると良いです。

オンラインの一括無料見積もりサイトですと、大手損保・通販型自動車保険10社以上を見積もりできますので、見積もり結果で比較してみるとよいです。
特に、今まで無事故の方、年間走行距離が1万キロメートル以下の方は、驚くほど保険料が安くなる可能性が大です。


【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり >>


このページのトップへ▲
【その他ETCカード】 OMC自由だETCカード UCSカルワザETCカード ネクスコ東日本ETCカード りそなETCカード・セゾン ステアリングパスETCカード 東京電力ETCカード 東京メトロETCカード シナジーETCカード ネクスコ中日本
link
Copyright(c)2007 厳選!年会費無料ETCカード All Rights Reserved.